五十嵐工業株式会社様

紙ベースでの勤怠管理をkintoneでクラウドシステム化(設備工事業)

煩雑な勤怠管理を自動計算・デジタル化で業務改善

【ITツール】
・kintone(キントーンスタンダードプラン)

【導入経緯】
・会社独自の勤務形態によって勤怠管理が複雑化しており、休暇取得状況の管理に時間を要していた。
・業務日報を紙ベースで行っており、従業員の記入ミスや報告漏れのチェックが必要だった。
・勤務時間、残業時間の計算を手動で行っており毎月の集計に手間がかかるだけでなく、ミスの原因ともなっていた。
・出張や直行直帰等の外出時は記録できないことから、後日報告または別途確認の必要があった。

【作成した管理アプリ】
・勤怠管理(部署や雇用形態により勤務時間や休日が異なる形態に対応したカスタマイズ)

【導入効果】
・勤怠管理の作業工数が自動計算になったことで事務作業を大幅に削減でき、残業時間を短縮。
・導入費用を半分以下に抑えた勤怠管理のシステム化を実現。