株式会社エム・ティ・シィ様

ノウハウ=宝を蓄積、お客様との意識合わせの効率化(製造業)

打合せ議事録をクラウド管理

【ITツール】
・kintone(キントーンスタンダードプラン)

【導入経緯】
・顧客からの改善要望の情報を蓄積したい。要望をまとめたメモは都度、破棄をする状況。
・お客様からの要望会社の技術向上において、貴重な財産であるため活用していきたい。
・新製品打ち合わせの確認事項をもれなくヒアリングしたい。印刷しお客様にお渡ししたい。


【作成した管理アプリ】
①議事録管理アプリ
②新規セット打ち合わせチェックシート

【導入効果】
①議事録管理アプリ
・お客様からの改善要望をデータで記録し管理し蓄積することで技術的なノウハウの宝庫になった。
・同じような問い合わせや改善要望に対し、過去の事例を用いてスピーディに改善できるようになった。
・不良原因のデータ集計も可能になり、新たなノウハウを⽣み出すことができるようになった。
・クラウドデータ管理で外出先からでもアクセスが可能。営業先からもデータにアクセスが可能となったことで課題解決のための提案がスムーズに行えるようになった。

②新規セット打ち合わせチェックシート
・打ち合わせ時に確認する事項をフォーマット化することで、確認事項の漏れを防止。
・クラウドデータ管理で外出先からでもアクセスが可能。営業先からもデータにアクセスが可能となったことで課題解決のための提案がスムーズに行えるようになった。


 

お客様との確認事項フォーマット作成